がん治療と妊娠 - 地域医療連携

Network

山梨大学医学部産婦人科教室
山梨県 がん患者妊孕性温存支援事業について

Yamanashi山梨県

Cancer TreatmentView More

Reproductive MedicineView More

    • その他の医療施設

News

  • 2020 10/30
    がんと生殖医療 地域連携 山梨県オープンしました。

Message

山梨県にある日本産科婦人科学会の「医学的適応による未受精卵子、胚および卵巣組織の凍結保存に関する登録施設」は山梨大学医学部附属病院の1施設のみです。こちらではがん患者さんに対して、およそ20年前から精子凍結を、2015年から胚凍結を、2018年からは未受精卵子凍結を実施しています。最近では凍結保存しておいた胚や配偶子を使ってお子さんを授かったがんサバイバーの方が少しずつ増えています。県では、がん患者妊孕性温存支援事業として、全国でも有数の助成制度を設けています。山梨県は人口80万人の小さな県です。山梨県立中央病院をはじめとしたがん診療連携拠点病院のスタッフや、地域の様々な職種の方々と協力して、県内全域の皆さんが同じようにがん・生殖医療を享受でき、希望を持ってがん治療に臨むことのできる環境づくりに尽力して参ります。

山梨大学医学部 産婦人科 平田 修司

Page Top