がん治療と妊娠 - 地域医療連携

Network

さが・がんと
生殖医療のネットワーク

Saga佐賀県

Cancer TreatmentView More

Reproductive MedicineView More

    • その他の医療施設

News

  • 2020 11/18
    がんと生殖医療 地域連携 佐賀県オープンしました。

Message

「さが・がんと生殖医療のネットワークの設立に際して」

2018年の8月まで佐賀県には生殖医療専門医が不在でした。そのため、専門医の診断・治療を受けるためには隣県である福岡県や長崎県まで行く必要がありました。がんと診断され、治療開始までのわずかな時間の間に、化学療法や放射線療法による妊孕性への影響について生殖医療専門医にコンサルトし、治療前に妊孕性の温存を行い、その後にがんの治療に臨むためには、身近で連携がとれることが重要となります。この度、2020年3月に「さが・がんと生殖医療のネットワーク」を立ち上げました。佐賀県では、2020年6月から小児・AYA世代がん患者妊孕性温存治療支援事業が開始されました。助成を受けるためには、日本産科婦人科学会の認定施設で妊孕性温存治療を受ける必要があります。現在、県内1施設、福岡県1施設がネットワークに登録されています。実際に、妊孕性温存の適応の有無についてお問い合わせを受けることもあります。お気軽にご連絡頂ければ幸いです。よろしくお願い致します。

谷口眼科婦人科 谷口 憲

Page Top