がん治療と妊娠 - 地域医療連携

Network

愛媛県がん・
生殖医療ネットワーク
EON(Ehime Oncofertirity Network)

Ehime愛媛県

News

  • 2020 10/30
    がんと生殖医療 地域連携 愛媛県オープンしました。

Message

2018年春より、愛媛県内におけるがん診療病院と高度生殖補助医療実施施設が連携する『愛媛県がん・生殖医療ネットワーク』が始まりました。この診療ネットワークでは、がん治療を実施する病院と、高度生殖補助医療実施施設(体外受精や卵子や精子、受精卵の凍結保存を行っている病院)が共に連携して患者さんの治療を行えるように協力しています。愛媛大学医学部附属病院のがん・生殖医療相談外来は、愛媛県の若年がん患者さんの相談窓口であり、カウンセリングならびに妊孕性、生殖機能を温存する方法について相談・提案し、受精卵や精子の凍結保存を行っています。また、卵巣組織や未受精卵子の凍結に関しては実施可能な高度生殖補助医療実施施設へのコーディネートを行っています。

愛媛大学医学部附属病院 安岡 稔晃

Page Top