がん治療と妊娠 - 地域医療連携

Network

Akita Onco-Fertility Network
AOF-net

http://www.med.akita-u.ac.jp/~obgyn/ss_article.html?id=1297

Akita秋田県

News

  • 2020 09/23
    がんと生殖医療 地域連携 秋田県オープンしました。

Message

ヒトが愛するパートナーと子どもをもうけ、慈しんでゆきたいお気持ちはとても大切なものであると思います。若年、未婚の男女の方ががんなどの悪性疾患に罹患した時に、その治療によっては抗がん剤などにより精子や卵子が大きなダメージを受け、妊娠しづらくなってしまうことがあります。このことは、がんなどが治癒した後でも、当人にとって生涯つきまとう悩みになり得ます。生殖医学の進歩により、精子、卵子あるいは卵巣組織を凍結する技術が進歩してきました。秋田大学は東北地方を先んじて精子のみならず、卵子あるいは卵巣組織を凍結保存する医療をすでに開始、確立しております。がんを克服したがんサバイバーの方々が将来子供を持つことができるよう、妊孕性温存療法についての情報提供及び卵子・受精卵・卵巣・精子の凍結保存に至る治療がスムーズにすすめられるようこのネットワークをご利用ください。不条理にも厳しい病気にかかってしまった若い皆様、未婚の皆様の人生に少しでもお役にたてればと信じ、この仕事に励んで参ります。

秋田大学医学部附属病院産婦人科 寺田 幸弘

Page Top