がん治療と妊娠 - 地域医療連携

Network

愛知県がん・
生殖医療ネットワーク(SOFIA)

Aichi愛知県

News

  • 2020 11/18
    がんと生殖医療 地域連携 愛知県オープンしました。

Message

近年のがん診療の進歩に伴い、若年がんサバイバー数も増加し、QOL向上のため、妊孕性温存を主軸としたがん生殖医療の重要性が広く認識されつつあります。愛知県内においても一部の施設において、がん治療前の妊孕性温存や治療後の若年がん患者に対する卵巣機能フォローアップを含めた包括的ながん生殖医療が提供されつつありますが、全ての若年がん患者に対して十分な支援体制が整備されているとは言い難い状況です。がん生殖医療を希望する全ての患者さんに適切な情報提供を行うべく、愛知県内の大学病院および、がん診療連携拠点病院、がん診療拠点病院と、日本産科婦人科学会における医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)の凍結・保存に関する登録施設、行政との連携による「愛知県がん・生殖医療ネットワーク(SOFIA)」を立ち上げることとなりました。多くのがん治療施設、生殖医療実施施設が存在する、愛知県という地域特性に沿った医療連携の構築を進めて参ります。

愛知県がん・生殖医療ネットワーク(SOFIA)

Page Top