学術集会開催予定

ご挨拶

 近年のがん治療の進歩に伴い、若年のがんサバイバーが増えつつあります。いわゆるAYA世代のがんサバイバーについては就労から恋愛・結婚など生活の質(Quality of Life:QOL)をいかにして高めていくかということが社会的な課題となり、QOLの更なる向上としてAYAがんサバイバーの妊孕性温存療法が社会の注目を集めています。

この度、第13回日本がん・生殖医療学会学術集会を2023年2月25日(土)・26日(日)に3年ぶりに埼玉県で開催させていただくことになりました。新型コロナの収束の目処がまだつかない昨今、どのような開催形式になるかはわかりませんが、どのような形でも皆様にご満足いただけるように、鋭意準備をさせていただきます。

今回の学術集会ですが「患者支援のための連携と意思決定の在り方 ~学際的連携と共有意思決定~」というテーマを掲げさせていただきました。「学際的連携」、「共有意思決定」という考え方は7年前に私が当時米国シカゴのNorthsetern大学教授であったOncofertility Consortium理事長のTeresa K. Woodruff教授から教えていただいたものです。自分なりにその意味を理解・咀嚼して人に伝えられるようになるのに3年くらいはかかったと思います。Teresa K. Woodruff教授からがん・生殖医療の普及のためには異なる領域が連携する「学際的連携」が重要である、そのためにはお互いに率直に、誠実に議論しなくてはならなく、そして、そのためには普段からお互いのリスペクトが必要である、と教えられました。

生命と妊孕性の危機にさらされているがん・生殖医療の患者の複雑な意思決定には「共有意思決定」が重要である、とも厳しく教えられました。とても素敵な言葉でありますが、それを多くの医療者が理解し実践することは容易なことではありません。本邦のがん・生殖医療の目指すところとして「均てん化」が挙げられていますが、医療者によってがん・生殖医療に対する熱量には差があると感じています。「均てん化」を目指すためにはその熱量が低い医療者の意識を高める必要があり、「学際的連携」、「共有意思決定」という概念の普及が必要になると私は考えております。抽象的な言葉が多くて申し訳なく思いますが、今回の学術集会ではそれらの概念を学び、各施設で行われている具体的な工夫などの知識を共有することを目指したいと考えております。

皆様、奮ってご参加頂けます様お願い申し上げます。

2022年7月
第13回日本がん・生殖医療学会学術集会
会長 杉本公平
(獨協医科大学埼玉医療センターリプロダクションセンター 教授)


開催概要

第13回 日本がん・生殖医療学会 学術集会
患者支援のための連携と意思決定の在り方 ~埼玉県から発信する学際的連携と共有意思決定の提言~

第13回 日本がん・生殖医療学会 学術集会
開催案内ダウンロード

  • 日時: 2023年2月25日(土)~2月26日(日)
  • 会長: 杉本公平(獨協医科大学埼玉医療センターリプロダクションセンター 教授)
  • 会場: 大宮ソニックシティホール(〒330-0854 さいたま市大宮区桜木町1-7-5)


プログラム

※準備中です。しばらくお待ちください。


演題登録

※準備中です。しばらくお待ちください。
(9月より募集開始予定)


参加登録

※準備中です。しばらくお待ちください。
(11月より登録開始予定)


市民公開講座

市民公開講座「がん・生殖医療と里親・養子縁組」

参加費無料

※詳細が決まりましたら掲載いたします。



協賛募集

※準備中です。しばらくお待ちください。