各種ご案内

入会のご案内

 当会は、若年がん患者さんが、治療後に訪れる未来の生活に対してより多くの希望を残せるよう、安全でエビデンスレベルの高い『がん・生殖医療』(妊孕性温存療法とがん治療後の生殖医療)の普及を目的に設立されました。これらを実現するためには、産婦人科医だけではなく、乳腺外科医、泌尿器科医、小児科医、血液内科医など、ほぼすべての分野の専門家の参画が必要と考えられます。また、患者さんをサポートするチーム医療として、看護師、心理士、ケースワーカーなど、多くの職種の方のご協力も必要であると考えております。

 当会では、理念に賛同していただける方々を随時募集しております。 本邦において『がん・生殖医療』が一般的な医療として誰もが享受できるよう、ひとりでも多くの方々のご協力をいただけると幸甚です。

日本がん・生殖医療学会 理事長
鈴木 直

会員種別

①医療会員(医師) …医師のみが対象

②医療会員(その他)…医師以外が対象

年会費

①1万円

②5千円

会員特典

  • JSFPニュースレターの送付(2-3回/年)
  • 学術集会、研修等の案内
  • 学会雑誌の優先頒布

※学会認定資格(「認定がん・生殖医療ナビゲーター」「がん・生殖医療専門心理士」等)の認定要件となっています。


入会のお申込みはこちら

◎会員登録内容の変更につきましては、別途運営事務局までメールにてご変更内容をご連絡ください。
( 運営事務局:info@j-sfp.org )


投稿論文募集

日本がん・生殖医療学会誌発行における投稿論文募集

2018年より、日本がん・生殖医療学会では学会誌を新刊・発行する運びとなりました。本会誌は若年がん患者に対する「がん・生殖医療」の普及と教育を志向して、専門の医師に提供することを目的としています。対象読者は、生殖医療に携わる産婦人科医とがん治療に携わる腫瘍専門医や自己免疫疾患治療に携わる内科医です。若年がん患者に対する妊孕性温存療法のエビデンスを構築することに目標を置き、編集発行されます。関係者の皆様には、ふるってご投稿をよろしくお願いいたします。

日本がん・生殖医療学会誌
投稿規定のダウンロード
関連様式のダウンロード

※2021年1月発行学会誌への投稿締切は、2020年10月30日(金)です。



学術奨励賞募集

日本がん・生殖医療学会 学術奨励賞 受賞者一覧

はじめに

日本がん・生殖医療学会(本学会)では、「がん・生殖医療」のさらなる促進を目的とし、その基盤となりうる有望な研究者に対して、学術奨励賞を授与するとともに研究助成金を交付することを決定いたしました。なお、本賞は「一般社団法人 マザーアンドチャイルド協会(吉村 泰典 会長)」の御協力によるものです。

賞および研究助成の対象
  1. がん・生殖医療の発展に寄与する臨床研究
  2. がん・生殖医療の基盤を支える基礎研究
  3. がん・生殖医療の普及に寄与する研究

これらの分野について、独創的かつ将来の発展が期待され、社会への貢献に役立つ研究を助成の対象とする。賞の選考は、これまでの研究業績と研究課題の内容を鑑み、選考員会によって決定される。また、医学のみならず、看護学、心理学、薬学などの広い医療分野からも選出されるものとします。

応募規定
  1. 応募者は本学会の会員である個人とする。原則として、これまで学術奨励賞を受けたことがない研究課題、かつ研究代表者を対象とする。
  2. 助成金額は1 件につき 50万円以内とし、総額100万円とする。賞の授与および助成金の交付は、次年度の総会にて行われる。
  3. 研究助成を受けた者は、1年後の本学会学術集会および本学会誌に成果を報告しなければならない(その際に本研究助成を受けたことを明示すること)。
  4. 施設代表者(所属機関の教授や部長、所属学部長、研究所長、病院長、学長など)の推薦が必要である。
  5. 各施設につき1名までの申請とする。
学術奨励賞運用規定・応募要項

学術奨励賞 運用規程

応募方法
  1. 申請書に必要事項を記載する。
  2. 原本とコピー2部を下記に送付する。
申請受付期間

2020年8月1日(土)~9月30日(水)

学術奨励賞交付申請書

申請書のダウンロード(Word形式)

<申請書送付先>
〒226-0003 横浜市緑区鴨居6丁目19-20
株式会社ヒューマンリプロ・K 内 日本がん・生殖医療学会 事務局


がん・生殖医療専門心理士養成講座開講のご案内

2020年度養成講座開催中止のお知らせ

日本生殖心理学会共催にて開催を行っている「がん・生殖医療専門心理士」養成講座につきまして、今年度も5月末からの開講を目指し準備を進めてまいりました。

しかしながら、新型コロナウィルスの感染の収束予測の目途が立たない状況の中、国内各地からご参加頂く受講生および講師等の安全確保が難しいため、本年度の開催を中止することと決定いたしました。

来年度の開催を検討しております次回養成講座につきましては、講義内容をより充実させた形でご提供出来るようにいたします。

何卒ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。



 2012年日本がん・生殖医療学会の設立を契機に、若年がん患者に対する妊孕性温存治療(がん・生殖医療)が普及しつつあります。近年、妊孕性温存する若年がん患者が増加し、2013年ASCO(米国臨床腫瘍学会)改訂ガイドラインでは、がん患者が妊孕性消失の可能性について苦悩を感じたら心理専門職に紹介することが推奨されており、がん患者への心理支援のニーズが高まっています。

 これを受けて2016年から、日本生殖心理学会は日本がん・生殖医療学会と共同で「がん・生殖医療専門心理士」の養成を始めました。がん・生殖医療専門心理士は、がん告知という大きなストレスと妊孕性の消失という二重の危機を抱えた若年がん患者の心理的アセスメントを行い、必要なサポートを行いながら正しい医療情報の提供や理解を助け家族間調整などを行いながら、妊孕性温存の自己決定を支援します。それだけでなく、がん患者の治療段階やライフステージに応じた援助を行えるように実践的な力を付け、がんサバイバーのQOL向上に貢献できる人材の育成を目的としています。

 現在、がんと生殖両方の医療、及び心理に精通した専門の心理士はわずかであり、その育成が求められています。このような養成課程は世界的にみても例が無く、国内外で高い評価を受けております。公認心理士がもうすぐ誕生する日本で、がん・生殖医療のサブスペシャリティーを身につける事は専門家としての活動の幅を広げる事に役立つでしょう。

 養成講座の概要、応募要領等につきましては、以下をご覧ください。

2020年度 がん・生殖医療専門心理士 養成講座(第5期)

概要
共催 日本生殖心理学会(JSRP)理事長 森本義晴
日本がん・生殖医療学会(JSFP) 理事長 鈴木直
目的 生殖医療基礎コース
がん・生殖医療専門コース
生殖医学の基礎的な知識や不妊体験者の心理、体外受精などの高度生殖医療技術について学びます。 がん・生殖医療において頻度の高い乳がん・婦人科がん・血液がん・泌尿器がんを取り上げ、がん医療と妊孕性温存の実際を解説します。がん患者への援助技術として、心理アセスメント、心理療法、社会支援、倫理問題などの講義を行い、がん・生殖医療の実践介入、心理教育、グリーフセラピー、家族アプローチなどの演習を行います。
特色
  • 生殖医療基礎コースとがん・生殖医療専門コースの2コースに分けて実施します。
  • 生殖医療基礎コースは、生殖医療施設に勤務する臨床心理士のみならず、一般の心理臨床家が 不妊患者に対応するための基礎知識を提供するものとします。
  • 生殖医療基礎コース修了者には、生殖医療基礎コースの修了証を授与し、がん・生殖医療専門 コースの受講を可能とします。
  • がん・生殖医療専門コースは、生殖医療施設で勤務する、あるいはがん・生殖心理の専門家として活動するための専門的知識と技能を修得するものとします。
  • 生殖医療基礎コース及びがん・生殖医療専門コースの両方を修了した場合にがん・ 生殖医療専門心理士認定試験の受験資格を得られるものとします。
講師 講義は医師、研究者、臨床心理士、看護師ほか、各分野の第一人者にお願いしています。
認定試験 生殖医療基礎コース、がん・生殖医療専門コースの講義と演習を経て、認定試験を行います。
(両コースを同年度に履修することもできますし、2 年に渡り習得することもできます。 例えば、1 年目に生殖医療基礎コースを受け、2 年目にがん・生殖医療専門コースの受講も出来ます。その場合、認定試験は両コース終了後に受ける事になります。)
認定 日本生殖心理学会、及び日本がん・生殖医療学会の両学会の認定資格となります。(5年毎に更新)
認定試験合格後に、がん・生殖医療外来陪席実習を行います。合格後に日程をお知らせします。

※認定後は、両学会が継続研修支援を続けていきます。各がん治療のアップデート、精子組織凍結などの最新医療知識、全国のがん・生殖医療地域ネットワークや職種間連携などの実践的な取り組みについて、学会講演や継続研修を行っていく予定です。

応募要領
受講資格 生殖医療基礎コース がん・生殖医療専門コース
臨床心理士または公認心理師の有資格者。 生殖医療基礎コースを修了した臨床心理士または公認心理師の有資格者。
生殖心理カウンセラー資格保持者。
※生殖医療基礎コースの修了認定が、専門コースの受講資格となります。
応募人数 20名 20名
受講料 46,200円(税込)(教材費等を含む) 135,300円(税込)(教材費等を含む)
生殖医療基礎コース / がん・生殖医療専門コース同時申込の場合は、176,000 円 ( 税込 / 教材費等含む )。
※銀行振込で期限までに納入すること。詳細は受講決定者に別途連絡。分納に関してはご相談ください。
※資格の認定に関しては、資格認定試験料10,000円(税込)、資格認定料30,000円(税込)が別途必要となります。
申込受付期間 2020年5月20日(水) ※必着
※締切前でも定員になり次第募集を締め切らせていただきます。
2020年7月8日(水) ※必着
※締切前でも定員になり次第募集を締め切らせていただきます。
がん・生殖医療専門心理士 養成講座 スケジュール ( 予定 ) *1
生殖医療基礎コース *2 5月30日 (土) *3
5月31日 (日) *3
14:00 〜 18:50
9:30 〜 16:50
6月27日 (土)
6月28日 (日)
14:00 〜 18:50
9:30 〜 16:50
7月18日 (土) 14:00 〜 18:50
がん・生殖医療専門コース 7月19日 (日) 9:30 〜 16:40
8月22日 (土)
8月23日 (日)
14:00 〜 19:50
9:30 〜 15:10
10月3日 (土)
10月4日 (日)
14:00 〜 19:20
9:30 〜 16:10
11月14日 (土)
11月15日 (日)
14:00 〜 19:50
9:30 〜 15:40
12月12日 (土) 14:00 〜 19:20
認定試験 12月13日 (日) 9:30 〜 16:30

*1 会場は変更になる場合がありますのでご注意ください。
*2 生殖心理カウンセラー養成講座と合同の講座になります。
*3 生殖医療相談士養成講座と合同の講座になります。

カリキュラムのダウンロード

第5期 がん・生殖医療専門心理士養成講座 カリキュラム


会場のご案内

東邦大学 看護学部
〒143-0015 東京都大田区大森西4-16-20

JR蒲田駅 ( 東口 ) バス ( 2番のりば ): 大森駅行で東邦大学、または大森西四丁目下車
JR蒲田駅 ( 東口 ) タクシ-: 約5分
JR大森駅 ( 東口 ) バス ( 1番のりば ): 蒲田駅行で大森西四丁目、または東邦大学下車
JR大森駅 ( 東口 ) タクシ-: 約10分
京浜急行本線、「梅屋敷」駅より徒歩約15分


応募/出願方法(生殖心理カウンセラー養成講座/がん・生殖医療専門心理士養成講座 共通)
必要書類 同封の申込書、または下記リンクのPDFファイルをご利用ください。
2020年度 (第5期)がん・生殖医療専門心理士 養成講座 申込書
出願方法 所定の申込書に必要事項をもれなく記入のうえ、下記にお申し込みください。
申込書は郵送・メ−ル・FAXのいずれかにて提出してください。
〒226-0003 横浜市緑区鴨居6丁目19-20(株)ヒュ−マンリプロ・K 内
「日本生殖心理学会 事務局 養成講座係」
Tel:045-620-7560
Fax:045-620-7563
E-mail:info@jsrp.org
受講者の選考 申込書による書類選考を行います。
選考結果の通知 受講手続きのご案内と共に、郵送により通知します。

日本がん・生殖医療学会認定ナビゲーター制度

 本学会は学際的かつ多領域ならびに多職種にまたがるがん・生殖医療の社会への啓発を目的として、認定ナビゲーターを認定し、より高度ながん・生殖医療を実現するための制度を整備します。


【認定ナビゲーターの資格要件】(規定より抜粋)

がん・生殖医療認定ナビゲーターの認定資格は、次の各号のいずれをも満たすことを要す。

  1. 本学会会員であり会員歴が2年以上であること※。
  2. 申請前直近の3年間に本学会主催の教育講演に1回以上参加し、かつ同期間中に資格委員会が指定するe-learningを1回以上受講していること※。
  3. 申請前直近の5年間に本学会学術集会で1回以上発表(一般演題・各種講演含む.演者としての順番は問わない)していること。
  4. 国家資格または専門資格を持つ医療従事者であること。
  5. 2年以上のがん患者の診療・支援等の経験を持つこと。

※要件1についての補足
「申請締切日」に会員歴が2年以上となっている必要があります。
※要件2についての補足
①「教育講演」とは第10回学術集会より開始した「認定がん・生殖医療ナビゲーター制度 教育講演」をさします。
それ以前のシンポジウム・学術集会での「教育講演」は該当しません。
②「指定e-learning」については現在準備中です。(公開日未定)
2020年度の申請では受講済であることは問いませんが、公開後に必ず受講してください。公開後、ご案内を差し上げますが、 一定期間中に受講が無かった場合は、「認定取り消し」となる場合がございますので、ご了承ください。


 また本学会は、所定の条件を満たした医療施設を、わが国のがん・生殖医療の広い普及と社会への貢献を目的に認定がん・生殖医療施設として認定します。認定施設の条件として、妊孕性温存の診療ガイドラインに則って診療を行っていることに加えて、認定がん・生殖医療ナビゲーターが常勤していることが含まれています。


日本がん・生殖医療学会 認定制度委員会 運営委員長
小野 政徳

 

募集要項

<認定がん・生殖医療ナビゲーター 資格認定>  規程PDF

応募期間:2020年5月1日(金)~2020年7月15日(水)必着

申請書類:下記(必ず規程を参照のこと)

  • 認定がん・生殖医療ナビゲーター認定申請書:  指定書式  (PDF)  (Word)
  • 申請用履歴書:  指定書式  (PDF)  (Word)
  • 医療国家資格または専門資格認定証の写し
  • 資格要件2、3を証する資料(受講証明書、演題抄録の写し等)

【注意】

  • 「申請締切日」に会員歴が2年以上となっている必要があります。
  • 「教育講演」とは第10回学術集会より開始した「認定がん・生殖医療ナビゲーター制度 教育講演」をさします。
    それ以前のシンポジウム・学術集会での「教育講演」は該当しません。
  • 「申請用履歴書」内にある「所属長」とは、診療部長、各科教授、薬剤部長、看護師長、検査技師長等を指します。

申請書類送付先
 〒226-0003 横浜市緑区鴨居6-19-20 (株)ヒューマンリプロ・K内
 日本がん・生殖医療学会 運営事務局 認定資格係 宛


認定審査料:22,000円(税込)
申請書類送付後、1週間を目途に下記口座までご入金ください。
※ご入金が確認できない場合、審査を行うことが出来ませんので、ご了承ください。
※初回認定審査および、5年ごとの更新時に必要となります。


【銀行名】   三菱UFJ銀行 【支店名】 新横浜支店(支店番号215)
【預金種目】  普通      【口座番号】 0589654
【口座名義】 一般社団法人 日本がん・生殖医療学会

審査結果:8月下旬を目安に、資格認定証の送付をもって結果を通知いたします。
※審査を通過しなかった場合は、別途ご連絡いたします。

資格認定期間:認定日より5年間有効(2020年度認定の場合)2020年9月1日~2025年8月31日まで


<認定がん・生殖医療施設 認定>  規程PDF

応募期間:2020年9月1日(火)~2020年10月15日(木)必着

申請書類:下記(必ず規程を参照のこと)

  • 認定がん・生殖医療施設申請書/認定施設の内容証明書:  指定書式  (PDF)  (Word)

申請書類送付先
 〒226-0003 横浜市緑区鴨居6-19-20 (株)ヒューマンリプロ・K内
 日本がん・生殖医療学会 運営事務局 認定資格係 宛


審査結果:12月下旬を目安に、認定証の送付をもって結果を通知いたします。
※審査を通過しなかった場合は、別途ご連絡いたします。


各種ダウンロード

<認定がん・生殖医療ナビゲーター 規程・書式>

<認定がん・生殖医療施設 規程・書式>
  • 認定がん・生殖医療施設認定規程  (PDF)
  • 認定がん・生殖医療施設申請書/認定施設の内容証明書  (PDF)  (Word)