「日本の「がん・生殖医療」発展のために」

がん治療と妊娠~がん治療後の将来を見据えて~

サイトマップ

がん・生殖看護に関して

日本がん・生殖医療学会 看護部門の取り組み

看護部門担当理事 渡邊知映
(上智大学総合人間科学部 看護学科 准教授)


 私たちは、患者さんがどこの病院でがんと診断をうけても、治療後の妊娠・出産について安心して医療者に相談することができる環境を提供することをミッションに掲げます。そのためには、がんと診断されたときからゲートキーパーとなりえるがん治療の現場の看護師と生殖医療の看護師がそれぞれの専門性を活かしながら協働し、一人ひとりの患者さんの治療後の妊娠・出産に対する思いを尊重し、確実に必要な支援につなげることが大切です。

 がんと診断された時に子どもがほしいという強い希望がなくても、がん治療がひと段落して生活の幅が広がったり、新しい出会いを経験するなかで気持ちは変化するものです。だからこそ、看護師は、治療開始前の妊孕性温存治療への意思決定支援をはじめとして、がん治療にともなう性機能障害への支援、パートナーや家族との関係性の支援等を含めて、がんサバイバーシップのなかで親になるという課題を継続して支援する視点を大切にしたいと考えています。


看護師向け研修会の開催

 看護部門では、看護師向けの「がん患者妊孕性支援スキルアップセミナー」を開催しています。この研修会はがんの臨床または生殖医療に携わる看護師が、それぞれの知識を補完しながら、実際の臨床現場で遭遇するケースについて具体的なアプローチの実際を学ぶことを目的としています。本研修会では、毎回テーマに関する講義だけではなく、事例を用いて医師・看護師・心理士・遺伝カウンセラーなどの多職種がそれぞれの専門性を活かしてどのように支援していくことができるのかについてディスカッションを行います。 第2回は、看護師・心理士のほかに、薬剤師とがん相談支援員の方にご参加いただきました。がん患者さんを支える多職種がそれぞれの専門性を活かして、がん患者さんの妊孕性を支援していくことができるように今後もこの研修会を継続していきたいと考えています。


第1回 がん患者妊孕性支援スキルアップセミナー

  • テーマ 乳がん
  • 日時:2015年3月15日13:00-17:00
  • 場所:上智大学

第2回 がん患者妊孕性支援スキルアップセミナー
  • テーマ 男性がん患者とそのパートナーの支援を考える
  • 日時:2016年10月8日13:00-17:00
  • 場所:上智大学

第1回がん患者妊孕性支援スキルアップセミナー
第2回がん患者妊孕性支援スキルアップセミナー



これからの活動について

 全国のがん診療拠点病院の看護師に行った調査では、看護師が患者さんからの相談に乗るにあたって知識や情報が不足していることや生殖医療とのネットワークが不足していることが指摘されました。看護部門では以下の3つの活動を行うとともに、がんおよび生殖看護の関連学会と連携しながら、がん・生殖医療システムの確立に尽力していきたいと思っています。


主な活動内容

  • 1.がん・生殖看護に関わる看護師ネットワークによる事例検討会・Web相談
  • 2.看護師向けの教材の作成
  • 3.研修会の開催


がん治療と妊孕性温存の勉強会の報告とお知らせ

2018年1月吉日
IVF大阪クリニック 小松原 千暁

 新春の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

 近年、がん治療後の生存率の上昇に伴い、若年がん患者が治療寛解後のQOL向上を目指して、治療以前に精子・卵子・受精卵・卵巣の凍結などの妊孕性温存を選択される事が多くなっています。がん治療患者に対して、医師だけではなく看護師も適切な患者支援を実践できるよう、知識の向上や情報交換、施設間の連携に向けての取り組みを目的とした勉強会を2016年3月より関西にて開催しております。

 第1回から第3回までは「乳がん患者の看護と妊孕性温存」、第4回は「血液内科疾患の看護と妊孕性温存」、第5回は「AYA世代がん患者の現状と課題、男性患者の看護と妊孕性温存」、第6回は「骨軟部腫瘍の看護と妊孕性温存」をテーマに、がん治療施設と生殖医療施設の認定看護師や生殖医療相談士など各分野に精通している看護職から疾患の病態や治療、心理および看護について講義して頂きました。その後、がん治療施設と生殖医療施設の看護職が臨床の現状や課題、事例の看護介入についてディスカッションを行い、その内容を発表し、参加者全員で情報の共有を行いました。過去6回の勉強会参加者はのべ256名と多く、参加後のアンケートでは「生殖医療の基本や妊孕性温存について情報収集でき、患者対応へ生かしたい」、「学んだ知識を自施設の医師や看護師へ伝えたい」「患者が妊孕性温存に対する知識を得て、自分で選択する事ができることが大切だと思った」「課題はたくさんあると思うが、情報共有・情報交換を継続したい」などの感想があり、この分野への関心の高さがうかがえ、今後も継続して開催したいと考えております。

 次回第7回の開催では、がん患者の複雑で困難な意思決定プロセス支援のためのShared Decision Making(SDM)について学びたいと思います。事例を通してがん治療施設と生殖医療施設のそれぞれの立場から情報提供や意見、疑問点などを投げかけ、患者の想いを医療者間で共有し、看護支援方法をより具体的に検討する機会にしたいと思います。

 是非、皆様お誘いあわせの上、ご参加くださいますようよろしくお願い致します。




「第7回がん治療と妊孕性温存の勉強会」申込書 「第7回がん治療と妊孕性温存の勉強会」申込書
「第7回がん治療と妊孕性温存の勉強会」のお申込書のダウンロードはこちら