「日本の「がん・生殖医療」発展のために」

がん治療と妊娠~がん治療後の将来を見据えて~

サイトマップ

学術集会

日本がん・生殖医療学会 学術集会のお知らせ

第10回 日本がん・生殖医療学会 学術集会
がん・生殖医療の量的・質的均てん化を目指して


  • 日時:2020年2月15日(土)12:00〜17:15(受付11:20〜)
    2020年2月16日(日) 9:00〜17:45(受付 8:30〜)
  • 会長:髙井 泰
    (埼玉医科大学総合医療センター産婦人科教授)
  • 会場:ソニックシティ(大宮) 小ホール(さいたま市大宮区)
    〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5

開催日時 2020年2月15日(土)12:00〜17:15(受付11:20〜)
2020年2月16日(日) 9:00〜17:45(受付 8:30〜)
会場 ソニックシティ 小ホール(〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5)
アクセス ·JR・東武野田線大宮駅西口より徒歩約3分(歩行者デッキ直結)
·首都高速道路埼玉大宮線[ 新都心西IC ]より1km
主な内容
  • Oncofertility Consortium Japan Meeting
  • 基調講演
    「がん・生殖医療の未来」
  • 教育講演
    「がん・生殖医療における安全管理」
  • ワークショップ
    「がん・生殖医療の量的・質的均てん化と公的助成・登録制度」
  • シンポジウム
    「小児・AYA 世代がん患者のサバイバーシップ向上を志向した妊孕性温存に関する心理支援体制の均てん化に向けた臨床研究」
  • ランチョンセミナー
    「がんと妊娠」

プログラムのダウンロードはこちら
参加費 事前登録 ※事前登録の締め切りは2020年1月27日(月)まで
(参加費お支払い締め切りは1月29日(水)となります)
医師 13,000円
医師以外 8,000円
当日登録 医師 15,000円
医師以外 10,000円
お申込み方法 こちらのエントリーフォームからお申し込みください。
一般演題募集
  • ·一般演題受付期間:2019年8月1日(木)〜15日(金)必着

    問い合わせ多数のため2019年11月22日(金)まで延長いたしました。

    問い合わせ多数のため2019年11月29日(金)まで延長いたしました。

    ※11月29日(金)をもちまして演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

  • ·発表内容: がん・生殖医療に関わる基礎および臨床研究に関連する内容とします。
    事例、調査研究の別は問いません。(要旨800字以内)
  • ·E-mailにて学会事務局(㈱ヒューマンリプロ・K内)E-Mail: conference@j-sfp.orgあてに送信ください。
  • 一般演題応募要項

    一般演題応募原稿フォーマット(Word)

学術集会
お問合せ先
事務局 (株)ヒューマン リプロ・K
〒226-0003 神奈川県横浜市緑区鴨居6-19-20
TEL:(045)620-7560 FAX:(045)620-7563
registr@j-sfp.org (参加受付係)
conference@j-sfp.org (演題受付係)
info@j-sfp.org (学術集会全般)


市民公開講座 がん・生殖医療と福祉の地域医療連携での協働

がん・生殖医療は、若年がんサバイバーの妊孕性を温存することを支援していく学問領域であるが、妊孕性温存ができなかった、あるいは妊孕性温存を行わなかった若年がんサバイバーの人生も支援する役割も担っている。血縁のある児を獲得できなかった若年がんサバイバーが血縁のない児を迎える家族形成を望んだ場合、すなわち里親になる、養親になる人生を選択した場合も支援を行う必要がある。前回の市民公開講座で、がん・生殖医療と福祉の協働が今後の課題の一つであることが示された。今回の市民公開講座では埼玉県内の地域医療連携の中での協働体制の構築について関係者からご講演をいただき、がん・生殖医療と福祉の協働の現状と今後の課題について検討し、講演者・聴衆ともにその情報と認識を共有したい。


開催日時 2019年2月15日(土)9:00~11:20(受付8:15〜)
会場 ソニックシティ 国際会議室(〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町1丁目7−5)
アクセス ·JR・東武野田線大宮駅西口より徒歩約3分(歩行者デッキ直結)
·首都高速道路埼玉大宮線[ 新都心西IC ]より1km
主な内容
  • 基調講演①「がんサバイバーが子どもをもつということ」
  • 基調講演②「本邦におけるがん・生殖医療の現状と問題点」
  • がんサバイバーであり養親である当事者から
  • 里親・養親へのアンケート調査報告(生殖医療者からの情報提供に関する調査)
  • 埼玉県里親会とがん・生殖医療の協働
  • 行政とがん・生殖医療の協働
  • がん・生殖医療と福祉の勉強会の報告
  • がん・生殖医療と里親・養子縁組の他地域での現状
  • 質疑応答
参加費 無料
お申込み方法 当日受付のみ。直接会場にお越しください。